読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不覚にもサプリモニター気を使うに萌えてしまった 

ずぼら主婦が何気ない日常と大好きなコスメとかサプリ情報をかなりマイペースに更新しています。

いまさらながらふっくら素肌を作るケアの要点を調べてみました。

なんとなく色々集めていた情報ですが、「コラーゲンという物質は、アンチエイジングと健康を維持するために欠くことのできない重要な栄養成分です。健康な身体に大切な成分であるコラーゲンは、身体の新陳代謝が落ちると外部から補給してあげる必要があります。」のように提言されているみたいです。

なんとなく色々みてみた情報では、「通常女性はスキンケアの際化粧をどのようにして肌に塗っているのでしょうか?「直接手で肌になじませる」と発言した方が圧倒的に多いアンケート結果となり、コットンを使う方はそれほど多くはないことがわかりました。」な、考えられていると、思います。

素人ですが、サイトで探した限りですが、「ヒアルロン酸は乳児の時に最も豊富で、30代に入ると急速に減り幅が大きくなり、40代を過ぎると乳児の頃と対比してみると、5割ほどにまで激減してしまい、60歳代ではかなり減ってしまいます。」のようにいわれているとの事です。

そこで「美容効果を目的として使用されるヒアルロン酸は、保湿やエモリエント効果を謳った化粧水や美容液などの基礎化粧品や健康食品に有効に活用されたり、危険性が少ない成分なのでヒアルロン酸注入という美容整形外科でも広く用いられているのです。」な、いわれているそうです。

素人ですが、文献でみてみた情報では、「化粧水を使用する際「手でつける」というタイプと「コットンを使う」グループに分かれるようですが、実のところはそれぞれのブランドが提案しているやり方で使い続けることを一番に奨励します。」のようにいう人が多いと、思います。

私は、「結構耳にする高機能成分セラミドは、ターンオーバーの過程で合成される“細胞間脂質”を指し、およそ3%ほどの水分を保有し、角質細胞の一つ一つを接着剤のような役目をして固定させる重要な役割をすることが知られています。」のように解釈されていると、思います。

今日検索で探した限りですが、「体内のコラーゲンは伸縮性に富む繊維状タンパク質の一種で個々の細胞をくっつける役割を果たし、高い保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在することにより、水分の蒸発を阻止する機能を果たします。」と、考えられているようです。

さて、最近は「今現在までの研究で得られた知見では、胎盤から抽出されたエキスであるプラセンタには単に様々な種類の栄養成分ばかりではなく、細胞が分裂する速度を適度に調節する作用を持つ成分が含有されていることが発表されています。」だと結論されていらしいです。

私が書物で調べた限りでは、「世界史上屈指の絶世の美女と名を馳せた女性達が胎盤を直接食する方法でプラセンタを美容とアンチエイジング効果を得るために愛用していたとの記録があり、紀元前の昔からプラセンタが美容に大変有益であることが知られて活用されていたことが推測できます。」のように考えられているようです。

なんとなく色々集めていた情報ですが、「美容液を活用しなくても、きれいな肌を持ち続けることが可能なら、支障はないと想定されますが、「ちょっと物足りない」などと感じることがあれば、年齢とは別に通常のお手入れの際に取り入れていいのではないでしょうか。」と、いう人が多いとの事です。